逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

FXで合計獲得pipsを水増しする詐欺的な計算方法

今日はずっと気になっていたことがあったので、ブログに書いてみることにしました。

これからは、FXのトレードノートや収支だけでなく、FXについて思うことを、たまにですが書いていくことにしたので暇な方は読んでやってください。

記事のタイトルには「詐欺的」と書いてありますが、これは個人の感想なので人によって受ける印象は違うと思います(厳密には詐欺ではありませんし)。なので、読者の方は記事を読んで「詐欺的とは思わん」とか言って怒らないでくださいね。

FXの合計獲得pipsの計算方法について

FXのpipsを計算する電卓

皆さんは、FXでその日に獲得したpipsの計算ってどうしていますか?

おそらく「ドル円を10,000通貨でトレードして10pipsを1回獲得したから、今日の獲得した合計pipsは10pips。」という感じで計算していると思うんです。

私もこんな感じで計算しています(その日のトレードが複数回なら、それぞれのトレードで獲得したpipsを合計。)。

では、上記と同じ通貨量10,000通貨でエントリーするときに、同じエントリーポイントで10,000通貨を5,000通貨ずつ2回に分けてエントリーした場合の合計pipsってどうやって計算していますか?

私の場合は、10,000通貨を分けずにエントリーした場合と同じで10pipsと計算しますが、私の計算方法とは違う人が意外といるんですよ。

人によっては、獲得した合計pipsは20pipsになるんです。個人的には「は?なんで?」という感じです。

人によっては、5,000通貨で10pips、もう5,000通貨で10pips獲得したと考えて合計20pipsと計算してしまうんですね。

どちらが正しいのかは分からないので、なんとも言えませんが少し詐欺っぽく感じてしまいませんか?

この計算方法をセーフにしてしまうと、仮に10,000通貨を1,000通貨ずつ10回に分けてエントリー(10回連続でボタンを押す)したら、10pipsプラス方向に動いただけで100pips獲得したことになってしまいます。

こんな計算方法で「今日は100pips獲得!」とか「月間1,000pips達成!」などとブログ等で報告されても、なんだかモヤモヤした気持ちになってしまいませんか?

私はモヤモヤした気持ちになってしまうんですよ。詐欺にあったような気持ちに。

記事や動画のタイトルだけ読むと、「1日100pips以上を毎日のように獲得していてすごいトレーダーがいるものだなぁ」と思うのですが、その中身を確認すると先ほどのような計算方法で獲得pipsを算出していてガッカリしてしまうんですよね。

「別々の通貨ペアを同時に5,000通貨ずつエントリーして10pipsプラス方向に動いたから合計20pips獲得」というのなら、まだ分かるんですけどね。

当ブログの計算方法(ナンピンした場合)

私はブログで何度もお話しているように、逆張りナンピン手法のみを使用してスキャルピングやデイトレードをしているので、合計獲得pipsの計算方法次第で、驚くほど合計獲得pipsを水増しできてしまう場合があります。

当ブログのFXトレードノートを読んで頂いている方は分かると思いますが、私のトレードは毎回のように小ロットでナンピンを繰り返しているので、そのポジションがすべてプラスになったような場合に、先ほどの詐欺的な計算方法で獲得pipsを計算すると、実際は10~20pips獲得しただけなのに、100pips以上獲得したことになってしまうんです。

なので、私はナンピンした場合は、いつも平均取得単価を基準にして、そこから何pipsレートが動いたかで合計獲得pipsを計算しています。これが普通ですよね?違うのかな?

別に説明は要らないと思いますが、ポンド円を使って具体的に説明してみます。

ポンド円をロングでエントリー(ワンショット1,000通貨)した後、4回ナンピンして最初にエントリーしたポイントまでレートが戻ったのですべてエグジットした場合。

  1. ポンド円を142.50円でロングのエントリー
  2. ポンド円を142.40円で1回目のナンピン
  3. ポンド円を142.30円で2回目のナンピン
  4. ポンド円を142.20円で3回目のナンピン
  5. ポンド円を142.10円で4回目のナンピン
  6. ポンド円を142.50円ですべてエグジット

私のいつものトレードはだいたいこんな感じです。そして私はいつも平均取得単価を計算します。今回の平均取得単価は142.30円(5,000通貨保有)です。

そして、この平均取得単価142.30円とエグジットしたレート142.50円を比べて20pipsの獲得と計算しています。

ですが、詐欺的な計算方法で計算すると、なんと合計獲得pipsは100pipsとなってしまいます。

正直、この計算方法で「今日も100pips獲得」と言われても真顔で見つめるしかないですね。

あとがき

今日は、合計獲得pipsの計算方法について、どうしても気になったのでブログに書いてみました。

どちらが一般的な計算方法なのかは知りませんが、自分と違う計算方法があるとは思っていなかったので少しだけ驚いてしまった記憶があります。

ちなみに、私の合計獲得pipsの計算方法が間違っていたとしても、これまでどおりの計算方法で計算していくつもりです。何故なら、その方が読者の方に誤解を与えないからです。

今回紹介した詐欺的な計算方法をまったく悪気なく採用している方もいると思いますし、「どこが詐欺やねん。お前の計算方法が間違ってるだけや。」とお怒りの方もいるかも知れないので、「合計獲得pipsの計算方法を統一すべきだ」と強く主張するつもりはありません(笑)。

ただ、読者の方にはブログや動画を見る際に合計獲得pipsだけではなく、その計算方法についても確認するようにしてほしい、とこれだけは言っておこうと思います。

あと、こういった詐欺的な計算方法をされる方で、海外FX業者の口座開設の勧誘やFX系情報商材の販売をされている方の割合なんかも個人的には知りたいですね(笑)。

まぁ、そんな暇はないので調べたりはしませんが。それではまた。