逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ニューヨーク時間の22時30分頃からスキャルピングに挑戦

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。いつの日かスキャルピングやデイトレードでコンスタントに勝てるようになることを夢見ています。

普段は主に欧州時間にトレードをしているのですが、ニューヨーク時間にも少しだけトレードをしてみようと考えています。

今日は、そのことに関する日記を書いてみたいと思います。

東京時間はトレードに集中できない

ドルと円を天秤ではかっている画像(FX)

そもそも、なんでニューヨーク時間にトレードをする気になったのか書きますね。

先ほども書いたように、普段は欧州時間(16~18時頃)にトレードをしているのですが、相場が動かない日が多いんですね。

相場が動かないならトレードはしないのが基本なのですが、何日もトレードをしていないと我慢ができなくなって、相場が動いていないのに無理矢理にトレードをして失敗してしまうことがあるので、どうしたものかと考えていたんです。

それで、欧州時間だけでなく東京時間もトレードをしてみようと考えて、何度かトレードをしてみましたが、東京時間は仕事の合間にスマホでトレードをしているので、なかなかトレードに集中できないですし、値動きがゆっくりでスキャルピングをしているとイライラしてしまうんですよね。

イライラしすぎて、東京時間にトレードをしているときにキレてしまい30回ナンピンしたうえ負けてしまったことを機に、東京時間でトレードすることをやめにしました。そして、そのかわりにNY時間にトレードをしてみることにしたんです。

いちおう、東京時間にキレて30回ナンピンしてしまったFXトレードノートを貼っておきますね(笑)。

www.gyakubari-fx.com

NY時間にお試しトレード

東京時間のトレードを諦めたので、今度はNY時間でトレードをしてみようと考えています。

仕事の時間と重なるので、仕事が終わった後の22時30分くらいからのトレードとなると思いますが、1~2時間くらいドル円を中心にトレードをしてみようと思っています。ドル円が動かない場合は、他の通貨ペアでもトレードしてOKとします。

ニューヨーク時間は値動きが大きいので、欧州時間とは違ったルールでトレードをしないといけませんが、小ロットなので負けを恐れずにトレードをして慣れていこうと思います。

それと、NY時間のトレードはあくまでも試しにトレードをするだけですので、いつも公開している逆張りナンピン手法での収支結果からは除外する予定です。

試しに何度かトレードをしてみて、なんとかNY時間でも逆張りナンピン手法で戦えると感じた時点から、公開しているFX収支結果に合算していこうと思います。その際は、また報告しますね。

NY時間にトレードをすると、いつの間にか深夜2時とかになっていたりするので、トレード時間はしっかりと守るように心掛けたいと思っています。生活のリズムが崩れてしまうと、すべてが上手くいかなくなってしまうので、本当に気をつけたいと思います。

それと、NY時間で試しにスキャルピングをしてみて、これは駄目だなと感じたらすぐに欧州時間だけのトレードに切り替えるつもりです。そうなったら、欧州時間だけのトレードになるので取引回数は少なくなってしまうと思いますが、負けるよりはマシなので仕方がないとあきらめようと思います。

あとがき

今日は、欧州時間に加えてNY時間にもお試しでスキャルピングをすることにしたことを書いてみました。

それと、NY時間にトレードをすると、トレードが終わるのが深夜になるので、そこからFXトレードノートを書くとなると完全に寝不足になってしまいます。

なので、FXトレードノートについては、これまで翌日の朝にブログで公開していたのですが、翌日の夕方以降にブログを更新することにしました。

それではまた。

こちらの記事では、購買力平価を利用したドル円予想を書いています。

www.gyakubari-fx.com

こちらの記事では、検証中のスキャルピング手法について書いています。

www.gyakubari-fx.com