逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

スキャルピングやデイトレードであまり負けなくなったが資産は増えない

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。

記事のタイトルどおり、今日はちょっとした愚痴を日記に書いてみようと思います。

私が2020年から検証している逆張りナンピン手法の欠点や改善点を書いてみます。

ナンピンありきのトレード手法

FXでトレードする主要な通貨

2020年から逆張りナンピン手法でトレードをして4ヶ月連続で勝てているのですが、資産はほとんど増えていません。

検証期間中なので、小ロットでトレードをしているということもあるのですが、このまま少しずつロットを大きくしていっても資産が大幅に増えることはないような気がしています。

そもそも、私のトレード手法である「逆張りナンピン手法」は資金を効率よく運用するのに向いていない手法なんですよね。

最初からナンピンありきの逆張りトレードなので、複数回(私の場合は10回)に分けてエントリーするので、1回のロットは小さくせざるを得ないんですよ。

そして、ほとんどの場合、10回ナンピンすることはなく、ナンピンするチャンスが来ずに利確して終わるか、2回くらいナンピンして利確して終わるかなので(10回ナンピンするまでに相場が反転するということです)、資金の効率がものすごい悪いんですよね。

こんなトレードをしていたら、ロットを大きくしてトレードをしたとしても、勝てはするけど思ったように資産が増えないという結果になってしまうので、どうしたものかと考えています。

ナンピン回数を減らしてロットを増やす

逆張りナンピン手法をやめるつもりはまったくないので、他に何か方法はないかなぁと考えたのですが、私の頭ではナンピン回数を減らしてロットを増やすことくらいしか思いつきませんでした。

これまでは、だいたい10pipsくらい逆行されたらナンピンする感じで、最初にエントリーした箇所から100pipsくらい逆行されてもOKというルールでやってきたんですよ。これを変更しようと思います。

2020年から逆張りナンピン手法で実際にトレードをして、100pips逆行されたことはないので、ある程度は環境認識ができていると判断して、今までの半分の50pips程逆行されて、それでも相場が反転せずに損失が拡大するようなら損切りというルールに変更しようと考えています。

そして、ナンピン回数を半分に減らすかわりに、ロットを倍に増やすことにしました。もちろん、いきなり倍に増やしたりはせずにゆっくりと時間をかけて増やしていくつもりです。

現在は、週間の損益がプラス(金額とpips両方)なら、100通貨取引量を増やしていく試みをしています。これをずっと続けていけば、いずれロットも大きくなっていくと思いますし、ナンピン回数を半分にしていますから、ロットの最大値も今までより大きくなるので、資産の増加率は上昇すると思います。

まぁ、これはあくまで勝つことができたらの話で、負けてしまった場合は資産の減少率も上昇するんですけどね(笑)。この4ヶ月間は負けていないので、なんとかこの調子を維持できるように頑張りたいと思っています。

「週間でプラスなら100通貨増やす」を続けていくので、たとえ勝てたとしても2020年の資産はあまり増えないと思いますが、2021年あたりからは、月間の損益が1万円を超える月が増えてくるのではないかと期待しています。

そのためにも、小ロットでトレードをしているうちに、トレード技術を向上させておかないといけないので、小ロットだからといってテキトウにトレードしないように気をつけたいと思います。

油断しないように、この1年はしっかりとFXのトレードノートを書いて、ユーチューブで週間の環境認識とトレードプランを投稿していくようにしたいと思います。

あと、YouTubeでリアルトレード動画を投稿したり、ライブ配信をしたりしたいのですが、現在は近所の工事の工事音が五月蠅くて、動画などを投稿することはできません。

いつ工事が終わるか分かりませんが、いつか工事は終わるので、終わったらリアルトレード動画などを投稿したいと考えています。まぁ、私のトレード動画なんて需要はないんですけどね(笑)。

あとがき

今日は、スキャルピングやデイトレードで負けなくはなったが、資産が思うように増えない理由や対策なんかを書いてみました。

いつか、月に10万円をコンスタントに稼ぐことができる兼業トレーダーになれるように、焦らずに精進していこうと思います。

それではまた。

こちらは過去の関連記事です。

www.gyakubari-fx.com

www.gyakubari-fx.com