逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

トルコリラ円ロングのスワップポイントがマイナスになる

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。

先日、私が口座を開設しているFX会社のひとつのサイトを見ていたら、「トルコリラ円のスワップポイントの受け払いが逆転した」とのお知らせがあったので、今日はそのことについて軽く日記でも書こうと思います。

トルコリラ円のロングがマイナススワップ

FXでスワップポイントをもらってお金を貯める

いやぁ、驚きました。トルコリラ円のロングがマイナススワップになるなんて。

ここ数年は、スワップポイント狙いのトレードをほとんどしていなかったので、トルコリラ円ロングがマイナススワップと聞いてびっくりしてしまいました。

私がトルコリラ円を保有していた数年前は、トルコリラ円を1万通貨ロングで保有すると1日100円前後のスワップポイントがもらえていたのに、これからは支払わないといけないんですからね。そりゃあ、ビックリもします。

現在のところは、トルコリラ円のロングポジションがマイナススワップになっているFX会社はそれほどないようですが、私が口座を開設している他のFX会社を調べたら、スワップポイントが0円や10円以下のところがほとんどですから、スワップポイント目当てに含み損を我慢して保有してきたトレーダーはキツイでしょうね。他のFX会社もマイナススワップになる可能性もあるわけですし。

トルコの政策金利は、2019年の6月時点で24%だったのが大幅に下がってしまい、2020年5月現在は8.75%ですし、国内の経済もインフレで苦しんでいますから、スワップポイントが減ることはある程度は予想できたこととはいえ、マイナススワップになるとは思いませんでした。怖いですね。

トルコリラ円の場合、スワップポイント目当てでロングポジションを保有している方がほとんどだと思うので、これから難しい判断を迫られることになりますね。

トルコリラ円ロングのスワップポイントがプラスに戻るかも知れないし、戻らないかも知れない。このまま保有するか損切り(利確)するか難しいところですね。

私なら、さっさと損切りしますけど(とういうか、数年前にトルコリラ円を損切りしてますし笑)。

トルコリラ円が30円台のときに保有していた

私も数年前にトルコリラ円が30円台のときにスワップポイント目当てで保有していたんですよ。

先ほども書きましたが、数年前はトルコリラ円のスワップポイントは1万通貨で1日100円前後もらえていたので、けっこう美味しかったんですね。

まぁ、もらえるスワップポイント以上に含み損が拡大して、結局は数万円の損切りをする羽目になってしまったんですけど。それからは、もう新興国通貨はやらないでおこうと心に決めています。

それ以来、トルコリラ円のチャートやスワップポイントを確認することはほとんどなかったので、「トルコリラ円のスワップポイントの受け払いが逆転した」というお知らせに驚いて、ブログに日記として書いた次第です。

しばらくの間は、トルコリラに注目してみようかと思いましたが、保有する気もないのに注目しても意味がないのでやめておこうと思います。

それよりも、短期トレード(スキャルピングやデイトレード)の技術を少しでも向上させることに励みたいと思っています。

あとがき

今日は、トルコリラ円のスワップポイントの受け払いが逆転したことについて書いてみました。

このままトルコの政策金利が下がり続けると、マイナススワップになるFX会社も増えてくるかも知れませんが、関係のない私が気にしても仕方がないので、トルコリラ円に関して書くのは、これが最後としたいと思います(たぶん笑)。

それではまた。

こちらは過去記事です。

www.gyakubari-fx.com