逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

1日単位では無敗のまま6月のトレードを終える〔スキャル・デイトレ〕

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。

6月のトレードも終え(6月30日はノートレードの予定)、トレード成績も自己最高となったので喜びの日記を書いてみようと思います。

自己最高と言ってもレベルは低いので自慢にはなりませんが、初老にして少しずつ自分が成長できている実感があるので、どうしても嬉しくなっちゃいますね。

6月は1日単位では無敗

FXの売買取引

いやぁ、6月は今年に入って一番良いトレード成績を残すことができたので、ものすごく嬉しいです。数字はショボイですけどね。

5月までは、どこかで大きく負けてそれまでの利益を吹っ飛ばしたりして、終わってみれば何とか微益で月末を迎えるということが多かったのですが、6月は1日単位では無敗のままトレードを終えたので、利益を吹っ飛ばすこともなく終了できました。

こんなことは、そうそうないと思うので素直に喜んでおこうと思います。読者の方に信じてもらえないという不安は多少ありますが、そこは負け組のトレーダーなので、信じてもらえなくても仕方がないと諦めます。

細かいトレード成績等は、毎月公開している月次報告に書きますね。

無敗のまま終えることができた要因

トレードは下手くそなのに、どうして1日単位では負けずにトレードできたのか考えてみたのですが、これはやはり、6月は環境認識(相場観)が正しかったからだと思います。

私は毎週日曜日に1週間の環境認識と大雑把なデイトレード方針についての動画をユーチューブに投稿しているのですが、後で振り返るとそれが6月はけっこう当たっていたんですね。

6月は、動画のトレード方針の通りにトレードをすることができましたし、動画内の相場の方向性はある程度当たっていたので、トレード技術が拙くても勝てたんだろうと考えています。

トレード技術があれば、本当は実際よりも何倍も勝てていたはずなので、そこはこれから少しずつ修正していこうと思います。

6月は、たまたま相場の方向性が正しかったので成績は良かったですが、この相場観がおかしくなると、途端にトレード成績は悪くなると思うので、7月からもしっかりと環境認識をして、スキャルピングやデイトレードの方針を立てていこうと思います。

あとがき

今日は、6月の短期トレード(スキャルピング・デイトレード)を1日単位では無敗のまま終えることができたので、その喜びと要因をブログに綴ってみました。

7月も1日単位で無敗とは言わないまでも、プラスで終えることができるように気を引き締めて頑張っていこうと思います。

それではまた。

こちらの記事では、FX(副業)で月に10万円稼げるようになるのはいつなのかという、捕らぬ狸の皮算用をしています。

www.gyakubari-fx.com