逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ここ最近、スキャルピングやデイトレード中の緊張感が足りない気がする

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。

今日は、スキャルやデイトレ中の緊張感が、ここ最近は足りなくなっている気がしているので、自分への注意喚起として日記に書いておこうと思います。

暇で暇で仕方がない方だけ読んでくださいね。

トレード中に緊張しなくなった

油断や慢心で投資に失敗して転落していく人

2020年1月からずっと逆張りナンピン手法を使ってスキャルピングやデイトレードをしてきたので、慣れてきて緊張しなくなっただけなのかも知れませんが、もしかすると「どうせ勝つでしょ」みたいな気持ちが芽生えてきているのかも知れないので、大怪我をしない内に気を引き締めておこうと思い日記を書いています。

ここ最近は、エントリーの回数が以前よりも増えていて、それに伴ってトントンで終わる建値決済のトレードも増えているんですね。これは、おそらく油断や慢心から無駄なエントリーをしてしまっているからだと思います。

現に、エントリーしてから「やっぱり、エントリーするべきではなかったな。」と後悔するトレードが増えています。それでトントンで逃げるというトレードを繰り返してしまっているんですね。

いまのところは、大きな損失を計上していないので助かっていますが、これからは無駄なエントリーはしないように気を引き締めてトレードをしていかないといけませんね。

散々負けてきたことを忘れない

なぜ、油断や慢心が生まれているのか考えたのですが、この原因は単純に「負けなくなったから」だと思いますね。

1回のトレードで負けることはもちろんあるのですが、1日単位では不思議と負けていないんです。1日のトレードを終えてみたら「なんか知らないけど勝ってた」みたいなことが続いています。数えてみたら2020年7月10日時点で33日連続で負けていないです。

昨年までの私は、勝つ日の方が少ないトレーダーだったので、33日連続で勝つというのはスゴイことなんですよ。それできっと油断や慢心が生まれたんだと思うんですよね。

それにしても、この程度のことで気持ちが緩むなんて情けないですね。勝つには勝っていますが、利益額は1日200円くらいですし、獲得pipsだって1ヶ月かけて100pipsに到達しないことの方が多いんですから。

これまでにスキャルピングやデイトレードで負けた金額からしたら、1日200円なんて微々たるものなので、あまり調子に乗らないように気をつけたいです。

昨年までは、1日に数万円負けることはけっこうあったので、それを忘れずに今後は緊張感を持ってトレードを続けていこうと思います。

あとがき

トレードをしていても緊張しなくなったのは、ロットが小さいせいも多少はあるかも知れませんが、以前はロットが小さくてもある程度は緊張感を持ってトレードが出来ていたので、やはり油断や慢心だと思っています。

「ほんの少し勝ったくらいで何を慢心してるんや」と自分に喝を入れるために、ブログに書いてみました。10分くらいで書いた記事なので誤字脱字があるかも知れませんが許してください。

それではまた。

こちらは過去記事です。

www.gyakubari-fx.com