逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

最近、ボリンジャーバンドを参考にトレードをしていないことに気がついた

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。ここ最近、トレードをしていて気がついたことがあるので、日記としてブログに書いておこうと思います。

記事のタイトルに書いてあるとおり、「ボリンジャーバンドを参考にトレードをすることがなくなった」というお話をしようと思います。

ボリンジャーバンドは必要なのか?

ボリンジャーバンドを表示させたFXのチャート

(画像元:マネーパートナーズ)

FXのトレードをすべて録画して公開するようになって、自分でも公開した動画を見返して検証しているのですが、その際に気がついたことがあるんですね。

その気づいた事というのは、「トレード中にボリンジャーバンドの話をまったくと言っていいほどしていない」ということなんです。

気持ちの良いほどボリバンには触れていないですね(笑)。ほとんどが、ローソク足や高値・安値、移動平均線、水平線ですね。最近はRCIもあまり参考にしていないように自分では感じています。

ボリンジャーバンドをチャートに表示させているにもかかわらず、まったくと言っていいほどボリバンに触れていないわけですから、「別に表示させなくてもいいのでは?」と迷っています。

中途半端なボリバンなら表示させない方が良い?

私がボリンジャーバンドを参考にしていないのは、別にボリバンが機能しないからとかではなく、中途半端なボリンジャーバンドを表示させて使っているからだと思います。

私は、ボリンジャーバンドを表示させる際に、±1σと±2σを非表示にして±3σだけ表示して使用しているんですね。正式な使い方ではないんですよ。

しっかりと、ボリンジャーバンドのすべてを表示させて使用したら、ボリバンを参考にトレードをする機会も増えると思うのですが、そうすると他のテクニカル指標と重なったりして、チャートがごちゃごちゃしてしまうので嫌なんです。それで、どうしたものかと考えています。

いっそのことボリンジャーバンドを表示させないようにしてトレードしてみようかと思うのですが、普段は空気だとしても必要になるときもあるかも知れないと思って外せないでいます。実際に、ボリバンを参考にトレードをしている場面も少しはありますし。

中途半端なボリンジャーバンドを表示させても、使いどころが限られてしまうので、すべて表示させてみようかとも考えるんですけど、それだと、先程も言ったようにチャートが見にくくなってしまいますし・・・。迷うところですね。

まぁ、しばらく迷ってみます。

あとがき

今日は、ボリンジャーバンドを参考にトレードをすることが少なくなったことをブログに書いてみました。

相場次第で、参考にする場面も出てくると思うのですが、ここ最近の私のトレードの時間帯では、あまり参考にする場面はなかったですねぇ。もちろん、私が中途半端なボリンジャーバンドを表示させているせいだと思いますが。

それではまた。

こちらは過去の関連記事です。

www.gyakubari-fx.com