逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

東京時間にドル円専門でデイトレードをする予定

どうも。初老の兼業FXトレーダーの「兼業」です。

2020年1月から逆張りのスキャルピング・デイトレードを開始して、少しは勝てるようになってきました。

勝てるようになるまでは決めた時間帯でしかトレードをしないようにしていたのですが、勝てるようになってきたのでトレード時間を増やすことにしました。

今日はそのことについて記事を書きますが、ただのFX日記なので軽く読み飛ばしてください。

現在は欧州時間(16~18時)の2時間

スマートフォンでFXをするデイトレーダー

現在、私は16~18時の2時間だけFXの短期トレード(スキャルピング・デイトレード)をしているのですが、なかなかエントリーするチャンスが来なくて困っています。

ここ最近では、1週間に1度エントリーするチャンスがあるくらいで、このままではトレーダーではなく、チャートを2時間眺めているだけの人になってしまうので、どうしたものかと考えていたんです。

スキャルパーやデイトレーダーが1週間に1度しかトレードしないなんて聞いたことがないので、なんとかトレードをする回数を増やしたいと思っているんですね。

それで、エントリーサインを増やしてトレードする回数を増やそうかと考えたのですが、エントリーサインを増やすのはもう少し今のトレード手法の検証がすんでからにして、今はトレードをする時間帯を変更するか増やすかすることにしました。

私がトレードをしている時間帯に都合よく為替相場が動いてくれるわけではないですから、トレードをする時間帯を変更するのも仕方ないと思っています。

なので、まずは私がいつも使っている手法が通用しそうな時間帯(東京時間)で、エントリーサインが点灯している箇所を探して、そこでスキャルピングやデイトレードをしてみようと考えています。

それにしても、兼業トレーダーは、まとまった時間を作るのが難しいので困ります。ずっと昔に、株式投資のデイトレードをしていたときも、時間をつくるのが難しくデイトレードからスイングトレードや長期投資に変更しましたし。

東京時間に1時間だけデイトレード

はじめは、ニューヨーク時間に1時間程だけトレードをしようかと考えたのですが、ニューヨーク時間は値動きが激しいですし、ニューヨーク時間に逆張りのトレードをして痛い目に合った記憶があるのでやめにして、東京時間のどこかで1時間程デイトレードをしてみることにしました。

先ほども書きましたが、過去の東京時間のチャートを確認して、私のエントリーサインが点灯していることが多い時間帯を探そうと思っています。ただ、東京時間にトレードをするにしても4月中旬くらいからにするつもりです。

まずは、欧州時間が夏時間になっても私がトレードをしている時間帯(16~18時)に値動きがなく、トレードをするチャンスも増えそうにないことを確認してから、東京時間でトレードをすることにします。

東京時間にトレードをする場合は、ドル円専門でトレードします。他の通貨ペアは邪魔なので一切見ないでデイトレードをするつもりです。

もし、東京時間にトレードをすると、環境的にトレードを録画することができない場合が多いので、ユーチューブにリアルトレード動画を投稿することができなくなってしまいますが、ブログには東京時間にトレードをした結果を書くようにします。

過去の経験から、トレードを録画しないですると暴走してしまうことが多いのですが、後でFXトレードノートを書くと決めておけば、ある程度は理性的なトレードができるのではないかと期待しています。

FXトレードノートを書かないとブログを開設した意味がないですから、何があっても書くようにしないといけないのでサボらないようにしないといけませんね。

あとがき

今日は、欧州時間(16~18時)以外に、東京時間のどこかで1時間だけトレードをしてみようと考えていることをブログに書いてみました。

東京時間にトレードをした場合は、YouTubeにトレード動画を投稿することはできないことが多いと思いますが、ブログのFXトレードノートには必ず書くようにするので、読んで頂けると嬉しいです。

それではまた。

こちらの記事では、私が株式投資で外国人持ち株比率の低い銘柄を選んで保有する私なりの理由を書いています。FXと株は近い世界なので興味のある方は読んでみてください。

www.gyakubari-fx.com

こちらの記事では、為替相場のボラティリティが高すぎて、なかなかデイトレードができないことを書いています。

www.gyakubari-fx.com