逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

【FX用語集vol.17】ブル・ベアその他6つの基礎知識(円高・円安など)を簡単に解説

これからFXを始める方や私の知識のおさらいのために、FXをするうえで知っておきたい基礎知識(FX用語)を少しずつ簡単に解説していこうと思います。

今回は、FX用語集vol.17として「ブル・ベア」、「堅調・軟調」、「独歩高・独歩安」、「円高・円安」について解説してみようと思います。

おまけとして「基調」、「底堅い」、「上値が重い」についても軽く解説しています。

ブル・ベアとは何か簡単に解説

「ブル」や「ベア」は、FXよりも株式投資(投資信託)をされている方に馴染みがある言葉だと思いますが、FXでも使われることもあるので、FX用語集に追加しておこうと思います。

それでは、解説していきますね。

「ブル」とは、相場が強気になっている状態を示す言葉です。

牛が角を下から上へ突き上げて攻撃するイメージから、相場が強気になって上昇しているときに使う言葉になりました。

「ベア」とは、相場が弱気になっている状態を示す言葉です。

熊が前足を上から下へ振り下ろして攻撃するイメージから、相場が弱気になって下落しているときに使う言葉になりました。

ここからは余談ですが、投資信託だと、相場が上昇しているときに保有していると利益が出るように設計されたブル型や、相場が下落しているときに保有していると利益が出るように設計されたベア型の商品が販売されています。

FXに例えると、ロング(ブル型)でエントリーするか、ショート(ベア型)でエントリーするかという感じですかねぇ。まぁ、どうでもいいか。

以上で余談を終わります。

堅調・軟調とは何か簡単に解説

まず、「堅調・軟調」を解説する前に軽く「基調」について解説しておきます。

「基調」とは、相場の方向性のことをいいます。相場が上昇傾向にある場合は「上昇基調」といい、相場が下落傾向にある場合は「下落基調」といいます。

「堅調」とは、相場が底堅く推移し上昇基調である状態のことをいいます。

ちなみに「底堅い」とは、相場が下げ渋るようになる状態のことをいいます。下がってもすぐに元に戻って逆にゆっくりと上昇していくイメージですかね。

「軟調」とは、相場が上値が重く推移し下落基調である状態のことをいいます。

ちなみに「上値が重い」とは、価格の上昇が伸び悩むようになる状態のことをいいます。上がってもすぐに元に戻って逆にゆっくりと下落していくイメージですかね。

独歩高・独歩安とは何か簡単に解説

為替相場における「独歩高」とは、ある通貨がその他の主要通貨に対して全面的に強い状態のことをいいます。

「独歩高」は為替相場だけでなく、株式相場でも使用されます。株式相場全体が低迷し下落しているのに、単独の銘柄だけ力強く上昇しているときに使われます。

為替相場における「独歩安」とは、ある通貨がその他の主要通貨に対して全面的に弱い状態のことをいいます。

「独歩安」も為替相場だけでなく、株式相場でも使用されます。株式相場全体が堅調で上昇しているのに、単独の銘柄だけ力なく下落しているときに使われます。

円高・円安とは何か簡単に解説

ドル円が円高に傾いている写真

「円高・円安」については、さすがにFXを始めたばかりの方でも説明はいらないかと思いましたが、一応、FX用語集に追加しておこうと思います。

それでは本当に軽くですが解説しておきますね。

「円高」とは、「円」が他の通貨に対して相対的に高い状態のことをいいます。

「円安」とは、「円」が他の通貨に対して相対的に安い状態のことをいいます。

具体例を挙げて説明してみますね。

例えば、ドル円のレートが1ドル100円から1ドル90円になった場合、1ドルと交換するためには100円必要だったのが、90円で交換できるようになります。

これは、ドルに対して円の価値が高くなっているから、以前よりも少ない金額で交換できるということなので、「円高になった」と表現します。

逆に、ドル円のレートが1ドル100円から1ドル110円になった場合、1ドルと交換するためには、それまで100円で足りていたものが、110円用意しないと交換することができなくなります。

これは、ドルに対して円の価値が安くなっているから、以前よりも多い金額が必要になってしまったということなので、「円安になった」と表現します。

為替に興味のない方は、100円から110円になったら、その数字だけをみて「円高になった」と勘違いしてしまう方もいますが、これは逆で、円安になっているということなので間違えないようにしてくださいね。

まとめ

今回は、「ブル・ベア」、「堅調・軟調」、「独歩高・独歩安」、「円高・円安」の他に、「基調」、「底堅い」、「上値が重い」について解説してみました。

最後に、解説したFX用語をまとめておきますね。

  • 「ブル」とは、相場が強気になっている状態のこと。
  • 「ベア」とは、相場が弱気になっている状態のこと。
  • 「基調」とは、相場の方向性のこと。
  • 「堅調」とは、相場が底堅く推移し上昇基調である状態のこと。
  • 「軟調」とは、相場が上値が重く推移し下落基調である状態のこと。
  • 「底堅い」とは、相場が下げ渋るようになる状態のこと。
  • 「上値が重い」とは、価格の上昇が伸び悩むようになる状態のこと。
  • 「独歩高」とは、ある通貨がその他の主要通貨に対して全面的に強い状態のこと。
  • 「独歩安」とは、ある通貨がその他の主要通貨に対して全面的に弱い状態のこと。
  • 「円高」とは、「円」が他の通貨に対して相対的に高い状態のこと。
  • 「円安」とは、「円」が他の通貨に対して相対的に安い状態のこと。

まとめに関してはこれくらいですかね。

これからも少しずつですがFX用語集を作成していきますので、初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。経験者の方にも知識のおさらいとして、さらっとでいいので目を通して頂きたいです。

FX用語集のリンクを貼っておきますので、興味のある方は読んでください。

こちらの記事では、「スタグフレーション」や「リセッション」の他、「インフレーション」、「デフレーション」、「リフレーション」、「デノミネーション」ついて解説しています。

www.gyakubari-fx.com

こちらの記事では、「中央銀行」や「金融政策」の他、「政策金利」、「量的緩和」、「タカ派・ハト派」、「経済指標」について解説しています。

www.gyakubari-fx.com

こちらの記事では、「ボラティリティ」や「リクイディティ」の他、「薄商い」、「リスク許容度」について解説しています。

www.gyakubari-fx.com

それではまた。