逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ロットを大きくしたらビビってナンピンできなくなるも8ヶ月連続プラスを達成〔2020年8月〕

2020年8月のトレードも終わりましたので、月間のトレード成績(収支など)を報告したいと思います。

逆張りナンピン手法とブレイクアウト手法を使用してFXのトレード(スキャルピング・デイトレード)をした結果、8ヶ月連続のプラスとなりました。

8月は目標の月間100pips獲得はクリアできませんでしたが、毎年のように大負けしている8月を勝ち越せたので満足しています。

それでは、月間のトレード成績を報告した後に、8月中のトレードの反省点を振り返ってみたいと思います。

FXトレードの期間損益報告書(2020年8月)

まずは、2020年8月の期間損益報告書を公開します。

2020年8月のFXの期間損益報告書

(画像元:マネーパートナーズ)

2020年8月の逆張りナンピン手法とブレイクアウト手法でのスキャルピング・デイトレード成績は7,729円の利益となりました。

8月からロットを10,000通貨にしてトレードすることにしたので、口座も「パートナーズFXnano」から「パートナーズFX」に変更しています。

その影響で、期間損益報告書の記載も前月までとは少し違っています。ちなみに、期間損益報告書にある「スワップ80円」は、ポンド円を2ロットくらい持ち越してしまったことで計上されています。

スイングトレードでの利益は、本来なら今月の損益に含めないのですが、エントリー自体は逆張りナンピンでエントリーできた会心のエントリーだったので、成績に含めさせてください。

ロットを大きくしたにもかかわらず、1ヶ月トレードした利益としては少ないですが、昨年まで負けトレーダーだったのにプラスで終われているのですから、それだけで満足しておこうと思います。

逆張りナンピン手法の月間勝率と獲得pips(2020年8月)

2020年8月は、逆張りナンピン手法とブレイクアウト手法を使用してトレードをしました。ロットを大きくしたことで、ビビってナンピンすることができなくなり、すぐに損切りしてしまうようになったので勝率は下がっています(笑)。

2020年8月の逆張りナンピン手法とブレイクアウト手法でのトレード成績は、47戦29勝12敗6分(勝率:70% 合計獲得pips:+21pips)となりました。

残念ながら、今月は月間獲得pipsは100pipsに届きませんでしたが、あまり気にしないようにしたいと思います。

平均獲得pipsも+1pips未満と情けない数字に終わってしまい、何とかしたいです。それよりも、ロットを大きくしたことでナンピンできなくなってしまったことが情けないですけどね(笑)。

9月は何とか7月までのように逆張りナンピンで勝っていくスタイルに戻したいです。

印象に残ったトレード(2020年8月)

ここからは、2020年8月のトレードで印象に残ったトレードを反省しながら紹介していこうと思います。

トレードの内容を軽く振り返るとともに記事のリンクを貼っておきますので、興味のある方は読んで頂けると嬉しいです。

今月の特に印象に残ったトレードは、すぐに利確してしまったことで爆益を逃してしまったユーロ円とポンド円のトレードですかね。

ユーロ円を建値決済した後のバイーン

まずは、こちらの8月25日のユーロ円のトレードを振り返ります。

www.gyakubari-fx.com

これは悔しかったですねぇ。ここで大きく稼ぐことができないから、勝ち組のトレーダーになれないんだろうなぁ、と強く感じたトレードとなってしまいました。

次に、同じようなチャンスが来たら、しっかりと自分を信じてホールドしたいと思います。

ブレイクアウト手法でエントリー

次に、こちらの8月18日のポンドドルのトレードを振り返ります。

www.gyakubari-fx.com

ポンドドルが日足ベースでも強い上昇トレンドを形成していたので、高値を更新した際にブレイクアウト手法でエントリーして勝ったトレードです。

基本的には逆張りナンピン手法でトレードをしていくので、ブレイクアウト手法はあまり使わないようにしているのですが、はっきりとトレンドが発生している場面くらいは使っても良いかなと最近は考えています。

ただし、ブレイクアウト手法がメインにならないように気をつけないといけないですね。何せ、昨年までブレイクアウト手法で散々負けてしまったので(笑)。レンジでは絶対に使わないようにしないといけません。

FXのトレード成績まとめ(2020年8月)

最後に今月の逆張りナンピン手法とブレイクアウト手法でのトレード成績をまとめておきますね。

2020年8月のトレード成績は、47戦29勝12敗6分(勝率:70% 合計獲得pips:+21pips)で、利益額は7,729円、口座残高は318,628円という結果になりました。

ロットを10,000通貨にして明らかにナンピンの回数が減っていますし、逆張りナンピン手法の代わりにブレイクアウト手法を使うことが増えたんだと思います。

やはり、まだ私には10,000通貨でナンピンしていくのは早かったのかも知れないですね。

ロットを1万通貨にしたことや全ての取引を録画しYouTubeに公開するようにしたことで、大負けしたくないという思いが強くなったのかも知れないです。

これは、良い事でもあり悪い事でもあると思います。要は、考えようですね。

とりあえず、9月のトレード成績がどういった結果になるかで、ロットを元に戻すか考えたいと思います。

あと、獲得pipsが21pipsと少ないのに8,000円近く勝てたのは、開き直ってナンピンしたトレードが上手くいったからだと思います。

それではまた。

最後に、過去の月間収支報告の記事を貼っておきますね。興味のある方は読んで頂けると嬉しいです。

www.gyakubari-fx.com

www.gyakubari-fx.com