逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ボリンジャーバンドで逆張りしてもOKなパターン等【テクニカル備忘録集vol.2】

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。

それでは、テクニカル備忘録集vol.2として、私がFXを始めてから書き溜めた備忘録を書きたいと思います。ただの備忘録であり、私の見解が必ずしも正しいというわけではないので、その点については予めご了承ください。

今回は、ボリンジャーバンドを利用した逆張り(スキャルピング・デイトレード)について、当時考えていたことの一部を書いてみようと思います。

備忘録を読んだ現在の私の感想なんかも書きますね。

あと、知っている方も多いとは思いますが、ボリンジャーバンドは順張り指標として使用するのが本来の使い方なので、今回のようにボリンジャーバンドを逆張り指標として使用するのは、基本から外れた使い方だということに言及しておきます。

ボリバンで逆張りしてもOKなパターン

ボリンジャーバンドで逆張りしてもOKなチャート

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

〔備忘録〕

15分足のボリンジャーバンドがスクイ―ズの状態のときに、レートが突発的に±3σにタッチしたときは、逆張りでエントリーしてみるのもいいかも知れない。

ただし、値動きが激しくなるような時間帯や経済指標発表時にはエントリーせず、比較的穏やかな相場となる時間帯などで、突発的に±3σにタッチしたときに限り、逆張りでエントリーするようにすること。

何故、相場が激しく動く時間帯等を避けるかというと、トレンドが発生しやすい時間帯に、この手法を使って逆張りをすると、スクイ―ズからエクスパンションするところ(これからレートが大きく伸びるところ)で逆張りエントリーしてしまう結果となる可能性が高く、大損してしまう恐れがあるため。

〔備忘録を読んだ感想〕

確かに、比較的穏やかな時間帯やボラティリティが低いときに15分足のボリバンの±3σにタッチしたときに、逆張りエントリーして数pipsだけ獲得するというトレードは現在でもたまにしていますね。

備忘録にもありますが、トレンドが発生したときに逆張りエントリーしてしまう可能性もあるので、この手法を使って逆張りエントリーする場合は、はじめにボリバンの±3σにタッチしたときのローソク足の高値又は安値を次のローソク足が更新したら損切りというようなルールを設けてトレードをしないとエライ目に合うことがあると思っています。

ボリバンを使った逆張りのタイミング

15分足のボリンジャーバンドを使った逆張りのチャート

〔備忘録〕

5分足又は15分足のチャートでボリンジャーバンドの±3σ(±2σでも可)を利用して逆張りでエントリーしようとするとき、ボリバンの±3σにローソク足の胴体が触れながらトレンドを形成している場合は、勢いが強いのでしばらくは手を出さない。

5分足又は15分足のローソク足が確定したときに、ボリバンの±3σからローソク足の胴体が離れたところで、移動平均乖離率やRCIを確認してから逆張りのエントリー。移動平均乖離率の数値はトレードする通貨ペア・時間軸・時間帯によって違ってくるので、個別にベストな数値を検証すること。

ボリンジャーバンドの±3σに沿って価格が推移している間は、移動平均乖離率やRCIでエントリーのサインが出ていても無視すること。

〔備忘録おまけ〕

ボリバンで逆張りする際の注意点としては、スクイ―ズ(収縮)からエクスパンション(拡張)開始直後は、ボリバンが収縮しているため、ローソク足が±3σにタッチしやすい。なので、時間帯等を考慮せずに、ここで逆張りをするとダマシになることが多いので気をつける。

注意:「ボリバンで逆張りしてもOKなパターン」でも同じようなことを書いていましたが、ここでも書いていたので、おまけとして記載しておきます。

〔備忘録を読んだ感想〕

これは、現在の私の逆張り手法と似ていますね。というか、ほとんど同じです。おそらく数年前から試してみたかったが、FXでは逆張りNGが基本という教科書の教えを守って、あまりトレードしていなかったんだろうと思います。

現在は、備忘録に書いたようなルールに加えてナンピンまでも採用して短期トレードをするという、FXの常識からは大きく外れたトレーダーになってしまいました(笑)。

この備忘録を書いた時期は、5分足と15分足のどちらをメインに使用するか迷っていた時期なんだろうと思います。現在では15分足メインでスキャルピング気味のデイトレードをしています。

備忘録では、5分足や15分足の短期足だけをみて逆張りしようとしているみたいですが、現在の私は4時間足や日足などの流れには逆らわずに、15分足では逆張りになるような感じでトレードをしています。

あと、損切りのルールとしては、エントリーして1~2時間くらい待ってもダメそうなら諦めることにしていますね。

あとがき

今日は、ボリンジャーバンドで逆張りがOKなパターンとボリンジャーバンドを利用して逆張りする場合のタイミングについての備忘録を書いてみました。

私の見解が正しいかどうかは分かりませんので、軽く参考にする程度にし、どうしても気になるなら自分でチャートを開いて検証してみてください。

それではまた。

こちらの記事では、ボリンジャーバンドを利用した決済方法を書いています。

www.gyakubari-fx.com

こちらの記事では、1分足のボリンジャーバンドを使用した順張りのスキャルピング手法を紹介しています。

www.gyakubari-fx.com