逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ドル円が大暴落する異常事態なのに逆張りでデイトレードをしてしまう

2020年3月9日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年3月9日15時15分に書いていますが、1回目のトレードは反射的にエントリーしてしまったので、環境認識もトレードプランもありません。ごめんなさい。

環境認識とトレードプラン(2020年3月9日)

今日は日経平均株価が1,000円以上、ドル円(円絡み全般も暴落)が4円近くの大暴落でしたね。

こういう日にトレードをするのは控えた方が良いのですが、実は今日の午前中にドル円を逆張りロングしてしまいました。

後ほどその点については触れるので、ここでは2020年3月9日の欧州時間以降の主な経済指標を書いておきます。

本日の気になる経済指標は特にないのですが、気になる経済指標を無理やりにでも挙げるとしたら、トレードを始める時間帯の16時に発表されるドイツの鉱工業生産くらいですかね。

これもそこまで気にする必要はないと思いますが、いちおう16時に発表されるのでトレードの開始を10分くらい遅らせますかね。

ドル円の環境認識とトレードプラン

今日はスマホでチャートを確認して反射的にエントリーしたので、トレードプランもクソもないです(笑)。

このチャートを見てエントリーしたくなってしまったんですね。逆張り好きの性ですかね。

移動平均乖離率が拡大したドル円の日足チャート(2020年3月9日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

ドル円日足の移動平均乖離率が瞬間的にですが7%のマイナス乖離になるほどの暴落だったので、逆張り野郎の私は我慢できませんでした。それだけです。

環境認識に関しては、3月8日に書いた記事で間に合わせようと思います。この記事を書いたためにエントリーしてしまったようなものですからね(笑)。

www.gyakubari-fx.com

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年3月9日)

今日はトレードをするつもりはまったくなかったのですが、仕事の合間にドル円の行方が気になって、ちらっと確認したら物凄い下落をしていまして、移動平均乖離率を確認したら我慢できなくなって逆張りロングでエントリーしてしまいました。

コンスタントにFXで勝てるようになるまでは、16~18時の間でしかFXのトレードをしないというマイルールを破ってしまったので、反省しかないですね。

今日は、そんなドル円の掟破りの逆張りロングのトレードを振り返ってみたいと思います。

何気に2020年になって、ポンド円以外をトレードするのは初めてです。

東京時間にドル円をロングでエントリー(1回目)

エントリー・エグジット時のドル円の15分足チャートを表示させます(エグジットしてから時間が経過していますが許してください)。

1回目のエントリー・エグジット時のドル円の15分足チャート(2020年3月9日)

11時39分:102.27円でロングのエントリー(1,000通貨)

ドル円の日足チャートを見たら、大暴落の異常事態になっていて、移動平均乖離率(期間20日)を確認したらエントリー時は6%超のマイナス乖離だったので、「さすがにこれは少しは反発するだろう」と思って反射的にエントリーしてしまいました。

後で自分で計算してみたら、移動平均乖離率(期間20日)が瞬間的に-7%くらいになっていたので、個人的にエントリーしても悪くないポイントだったとは思うのですが、これだけ荒れた相場では何が起こるか分からないですし、「勝てるようになるまで16~18時でしかトレードをしない」というマイルールを破ってしまったので反省しないと駄目ですね。

12時21分:102.85円でエグジット(獲得pips:+58pips、保有時間:42分)

仕事の休憩時間になったので、チャートを確認したら103円台まで上昇した後に跳ね返されて下落したので、「もう十分だ」という気持ちからエグジット。

何とか勝つことはできましたが、「マイルールを破った」という気持ちが強くて、あまり嬉しくなかったですね。後味の悪いトレードでした。

1,000通貨でトレードしているから喜びも少なかったのかも(笑)。

欧州時間にドル円を再びロングでエントリー(2回目)

エントリー・エグジット時のドル円の15分足チャートを表示させておきますね。

2回目のエントリー・エグジット時のドル円の15分足チャート(2020年3月9日)

16時42分:102.14円でロングのエントリー(1,000通貨)

エントリーの根拠は、1回目のトレードのときと同じで、「日足の乖離率がフラッシュクラッシュ並みになっていたから、この欧州時間にこれ以上下げることはないだろう。」という根拠です。

このトレードはドル円が100円を割っても損切りしないと決めてのエントリーだったので、損切りの注文は外していました。

ワンショット1,000通貨でトレードしているので、楽に逆張りでエントリーすることができましたが、10倍のロットでトレードしていたら、損切り設定を外すなんてことは怖くてできなかったでしょうね。

16時59分:102.24円でエグジット(獲得pips:10pips、保有時間:17分)

もう少しpipsを稼ぎたかったのですが、17時になったら相場がどういった動きをするのか分からないので、含み益があるうちに決済してしまいました。

テクニカル的な根拠ではなく、時間帯を根拠にエグジットした感じです。

これは、別に後悔はないですね。上昇しても仕方ないと諦められるトレードでした。

トレードの収支報告と感想(2020年3月9日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の白枠内の金額が本日の損益です。

本日のFXの損益(2020年3月9日)

本日の損益:+687円(+68pips)

口座残高:301,460円

今年一番のボラティリティだったためか、獲得pipsも今年一番になりました。ただ、東京時間にトレードをしてしまったのがダメでした。

これからは、こういったことがないように気をつけたいと思います。できるかな笑?

それではまた。

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com

www.gyakubari-fx.com

こちらの記事ではFXトレードノートに書く項目を列挙しています。

www.gyakubari-fx.com