逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

〔FXデイトレード〕今年になって初のユーロ円を逆張りナンピンして苦戦

2020年3月25日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年3月25日15時15分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年3月25日)

今日はNYダウ平均株価と日経平均株価が爆上げでひと安心というところでしょうか。ただ、まだまだ先は見えない状況が続くので油断はできないですね。

企業の業績悪化の状況が分かるのはまだまだ先ですから、私は激しい株価の値動きに惑わされずに状況が分かるまで静観しているつもりです。

あと、個人的に原油の行方を気にしています。もし、ここからさらに下がるようなら長期で買ってみたいと考えています。

最後に、2020年3月25日の欧州時間以降の主な経済指標を書いておきます。

  • 16時00分:消費者物価指数、卸売物価指数(イギリス)
  • 21時30分:耐久財受注(アメリカ)

そこまで注目はしていないのですが、注目するならトレードする時間帯に発表のあるイギリスの消費者物価指数と卸売物価指数ですかね。発表がある16時にポンドは触らないようにしないといけません。

ユーロ円は水平線付近で停滞中

ユーロ円は、ドル円と同じようにゆっくりと上昇中ですが、2019年のフラッシュクラッシュ時の下ヒゲ付近で何度も跳ね返されて反落しているので、ここらあたり(120.45円)で逆張りショートをしたら、下落していくかも知れないのでショートを狙ってみたいと思います。

ユーロドルが下落から反転上昇中なので、ユーロ円をあまりショートしない方がいいような気もしますが、ユーロドルが上昇する分、ドル円が下落する可能性もあるので、ドル円に連動してユーロ円も下がっていくことをイメージして、その隙に利確できたらと思います。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年3月25日)

今日は、2020年初めてのユーロ円をトレードしてみました。ただ、慣れていないせいかポンド円とは感覚が違ってイライラしてしまいましたね。

今後、何度かユーロ円をトレードしてみて相性が悪そうなら取引するのはやめようと思います。

今日は、そんなユーロ円のダメダメ逆張りナンピンショートを振り返ってみたいと思います。

水平線付近で停滞中のユーロ円をショート

まずは、エントリーとナンピン時のユーロ円5分足チャートを貼り付けておきます。

エントリーとナンピン時のユーロ円5分足チャート(2020年3月25日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

15時35分:120.29円でショートのエントリー(1,000通貨)

チャートを確認したら、ユーロ円が水平線付近で停滞していたので、RCIと乖離率を確認して何も考えずに逆張りショートでエントリーしてしまいました。これがダメでしたねぇ。

15分足のRCIは買われ過ぎから売られ過ぎへと下がっている途中で、乖離率はプラス0.35%まで乖離したあと、プラス0.2%まで縮小してきたところでのエントリーでしたが、上位足をほとんど確認していなかったですし、ユーロドルやドル円の動きも気にすることなくエントリーしてしまったので、これは反省しないといけませんね。

あと、何故か15時台でエントリーしているのもダメです。16~18時と決めていたのですから、せめて16時直前までは我慢するべきでした。

15時55分:120.36円で1回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:2,000通貨)

エントリーしてから、なかなか思ったように下落しないので嫌な予感がしていたら、16時が近づくにつれ上昇してきたので、ナンピンする羽目に。

この時点でユーロ円との相性が悪いような気がしてきましたね。早くトレードを終えたい気持ちでいっぱいでした。

トントンになったらすぐにでもエグジットする気満々でした。

16時36分:120.53円で2回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:3,000通貨)

水平線を超えて上昇してきたので、嫌な予感はしましたが、とりあえずルール通りのナンピンをしました。

まだまだ上昇することも覚悟していました。最悪121円くらいもあるのではないかと考えていました。

16時38分:120.60円で3回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:4,000通貨)

120.70円台までナンピンは我慢するつもりでしたが、今日は相場全体にそこまでボラティリティがないことに気づいて、それなら120.60円台でナンピンしても良いかと思い、諦め半分にナンピンしましたね(笑)。

これで平均取得単価は120.44円(4,000通貨保有)になりました。

エグジット時のユーロ円の15分足チャートを表示させますね。

エグジット時のユーロ円15分足チャート(2020年3月25日)

16時48分:120.45円ですべてエグジット(獲得pips:±0pips、保有時間:70分)

17時前になり、急激に下げて3pipsくらいの含み益になったので、急いでエグジットしようと思ったのですが、タイミングが合わなくてマイナス0.4pipsくらいでの決済になってしまいました。

なんか、疲れただけのトレードでしたがユーロ円での逆張りナンピンがどんなものか経験できたので、良かったことにしたいと思います。

トレードの収支報告と感想(2020年3月25日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の白枠内の金額が本日の損益です。

本日のFXの損益(2020年3月25日)

本日の損益:-16円(±0pips)

口座残高:301,546円

今日のトレードは損益は若干のマイナスになってしまいましたが、獲得pipsは±1pips未満だったので、トレード自体は引き分けということにしたいと思います。

まぁ、試しにユーロ円をトレードできて大怪我せずに終わる事ができたのだから良しとします。でも、今週のデイトレード方針にないトレードをしてしまったのは猛省しないといけませんね。

それではまた。

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com

www.gyakubari-fx.com