逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

〔ドル円デイトレード〕引きつけてから逆張りしなかったためナンピンを8回もする事態に陥る

2020年3月26日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年3月26日15時15分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年3月26日)

株式相場、為替相場ともに少しは落ち着いてきた感じですね。スプレッドの拡大も少しは縮小したので助かっています。

さっそく、2020年3月26日の欧州時間以降の主な経済指標を書いておきます。

  • 16時00分:小売売上高(イギリス)
  • 21時00分:英中央銀行の金利発表(イギリス)
  • 21時30分:GDPの確定値(アメリカ)
  • 21時30分:新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数(アメリカ)

この中で注目している経済指標は、何と言っても21時発表の英中央銀行の金利発表ですかね。何もないことを願っています。

ドル円は反転下落しそうだけれどまだ大丈夫?

ドル円の日足チャートを見ると、前日の安値を割り込んで下落していますし、RCIも上昇から下落に転じはじめているので、こうなってくるとロングで勝負するのは避けた方が良いかも知れませんが、まだ反転しだしたばかりなので、ゆっくりと下落していく可能性が高いと考えてロングで入ってみようと考えています。

ドル円が112円をつけてからの下落であれば、下落のスピードは速そうですが、今回は高値をつけてからの下落ではないので、今日くらいまではゆっくりと下がっていくのではと考えてのロングですね。

最大で、水平線を引いている109.30円くらいまでの下落を想定しています。欧州時間にそこまで下落しないと思いますけどね。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年3月26日)

今日は、気の緩みからか、普段ではエントリーしない箇所でエントリーしてしまいました。もっと慎重にエントリーしていたら勝つことは出来ていたはずのトレードなので、とても残念な気持ちでいっぱいです。

それでは、2020年になってから初めての負けトレードとなってしまったドル円の逆張りロングの取引を時系列で振り返ってみたいと思います。

十分に引きつけずにドル円を逆張りロング

まずはエントリー・ナンピン・エグジット時のドル円の15分足チャートを貼ります(スクリーンショットは仕事から帰って23時に撮りました。後、何度もエントリーしたのですべてのエントリー箇所に印をつけるのが面倒で止めました。すみません。滅茶苦茶眠いんです笑。)。

エントリー・ナンピン・エグジット時のドル円15分足チャート(2020年3月26日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

17時24分:110.43円でロングのエントリー(1,000通貨)

エントリー時の15分足チャートでのテクニカルの数値は、RCIがマイナス80%で乖離率がマイナス0.2%ぐらいでした。

普段なら、エントリーを見送るはずの数値でしたが、なぜかエントリーしてしまいました。十分に引きつけて、RCIがマイナス90%、乖離率がマイナス0.4%くらいになるまで待つべきでした。

トレード時間の終了が近づいてきたことや何とかトレードをして終わりたいという気持ちから焦ってエントリーしてしまいました。この時点で私の負けですね。猛省しないと。

17時34分:110.32円で1回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:2,000通貨)

下落してきたので、いつものようにナンピンしましたが、本来ならまだエントリーさえしていないポイントでナンピンをしてしまっています。本当にダメですね。

17時54分:110.15円で2回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:3,000通貨)

このポイントでも普段ならエントリーさえしていません。それなのに2回目のナンピン。キツイですね。

このあたりから、長期戦になるだろうと予感していたので、10pips以上の間隔でナンピンの注文を入れて、仕事にいきました。

18時02分:110.02円で3回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:4,000通貨)

普段なら、ここで逆張りロングのエントリーをしています。ユーチューブを途中まで録画していたのですが、最初の方で「110円あたりでエントリーしたい」といっています。それなのに、40pipsも上でエントリーしているなんて情けなくなります。

18時04分:109.90円で4回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:5,000通貨)

指値で勝手に約定しているので、なんとも言えませんね。まぁ下手くそと言っておきましょうか。

ここで一度目の反発が入り110.16円くらいまで上昇して、一瞬だけプラスになったのですが、仕事中で見ていませんでしたし、利確の注文は110.19円にしていたので届かなかったですね。残念。

19時31分:109.91円で5回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:6,000通貨)

休憩時間にスマホでチャートを確認したら、109円台になっていたのでへこみましたが、また反発するかもと淡い期待をしてしまいナンピンしてしまいました。これは余計なナンピンですね。反省。

20時18分:109.80円で6回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:7,000通貨)

知らないうちに指値注文が約定していました。知らぬが仏というやつですね(笑)。

20時23分:109.70円で7回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:8,000通貨)

これも、知らないうちに指値注文が約定していましたね。このあたりは下落のスピードが速いですね。

20時27分:109.60円で8回目のナンピン(追加:1,000通貨、合計:9,000通貨)

やっとのことで、最後のナンピンです。まぁ、これも知らないうちに約定していたのですが(笑)。

これで、平均単価は109.98円(9,000通貨保有)です。

21時18分:109.91円ですべてエグジット(獲得pips:-7pips、保有時間:234分)

21時からはけっこう動くのでスマホで確認してみたら、21時直前からグイグイと上昇してきていたので、このままトントンで終われるかも知れないと思ったのですが、どうも110円台に乗せるまでの勢いはすぐには無さそうだと判断して全決済のボタンをクリック。

2020年初の敗北でしたが、いつも通りにトレードしていたら、勝つことができていたトレードなので残念ですね。いつも通りのトレードをするということを忘れないようにしたいと思います。

逆張りナンピン手法は負けるとダメージがデカイので、これは改善しないといけませんね。どのように改善するかはゆっくりと考えます。

もう少し15分足の75SMAの傾きに注目してトレードした方がいいような気もしました。

あと、今日はドル円の日足チャートでRCIが下落し始めていたのだから、素直にショートする場面を狙っていけば勝ちやすかったのにとも思っています(笑)。

トレードの収支報告と感想(2020年3月26日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の白枠内の金額が本日の損益です。

本日のFXの損益(2020年3月26日)

本日の損益:-655円(-7pips)

口座残高:300,891円

今日は、疲れてしまいました。まぁ、こんな日もあるということで気持ちを切り替えていくことにします。

ブログにも書きましたが、平均回帰性を利用した逆張り手法はやはりドルストレートには向いていないのかも知れませんね。まぁ、今回は私がエントリーを焦ってしまっただけなのですが(笑)。

ただ、同じ時間帯のユーロ円、ポンド円では逆張りをして1回か2回ナンピンしていれば、勝てるチャートだったので、やはりクロス円で逆張りのトレードをする方が良いのかも知れません。

今回もいつものようにトレードを録画していたのですが、途中で録画を止めて仕事に行ってしまいました。そのため、18時以降のナンピン映像が録画できていないので、それならYouTubeに投稿する意味がないと判断し、今回のトレードを投稿するのはやめにしました。18時くらいまでの映像は残して自分の戒めに使いたいと思います。

ブログでFXトレードノートを書きましたし、月次報告の際に1ヶ月分の損益やpipsを報告するようにしているので、連続性は担保されるので問題ないと思っています。

それではまた。

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com

www.gyakubari-fx.com