逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

1時間足の75SMA(単純移動平均線)まで上昇したドル円を逆張りショートした結果

2020年3月31日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年3月31日15時15分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年3月31日)

今回の株式相場などの暴落は、ちょっとやそっとじゃ元に戻らないと思うので、しばらくはひたすら耐えるのみですね。そんな中でも、ここ最近は原油がどこまで下落するのか気になっています。

WTI原油価格連動型上場投信(1671)が1,000円を割っていますが、まだ静観していようと思っています。出来高は急増しているので、いい感じだと思うのですが、まだ買いたくないですね。ここで反転すれば諦めます。

2020年3月31日の欧州時間以降の主な経済指標を書いておきます。

  • 16時55分:失業者数、失業率(ドイツ)
  • 18時00分:消費者物価指数(ユーロ圏)

気になるのは、ユーロ圏の消費者物価指数ですかね。これが発表される前にはトレードを終えておくように気をつけたいと思います。あ、ドイツの失業率も気にしておいた方が良いのかも。

ドル円はショート一択

まずはドル円の日足チャートを貼り付けます。

ドル円の日足チャート(2020年3月31日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

ドル円は昨日と変わらず、やはりショート目線ですね。前日の高値は更新していますが、勢いを感じられませんし、すぐ上に水平線もあるので、逆行されても怖くないと考えています。RCIも下向きなのでショート一択ですね。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年3月31日)

今日は、昨日の反省を生かしてしっかりと環境認識をしてからエントリーしました。

いつも、こんな感じでトレードできるように気をつけます。

それでは、ここ最近、頻繁にトレードをしているドル円の逆張りショートを振り返ってみたいと思います。

1時間足の75SMAが決め手となってドル円をショート

まずは、ドル円の15分足チャートを貼り付けます。

エントリー時のドル円の15分足チャート(2020年3月31日)

この時点でショートをしたのですが、15分足のRCIは+85%で乖離率は+0.15%と逆張りのショートで入るのは、様子見をした方が良いような数値だったのですが、本日の高値付近まで上昇してきたことと、次の1時間足チャートを見てエントリーを決めました。

ドル円の1時間足チャート(2020年3月31日)

16時22分:108.54円でショートのエントリー(1,500通貨)

1時間足のチャートを確認したときに、ちょうど75SMA(水色の移動平均線)にレートがぶつかるところだったので、15分足の売買サインは物足りない感じでしたが、試しにエントリーしてみました。

15分足だけだと、エントリーを躊躇っていたと思いますが、1時間足でもショートの条件が揃っていたので、エントリーする気になれましたね。

ちなみに、1時間足の75SMAだけの売買サインではエントリーしません。

次に、エグジット時のドル円の15分足チャートを貼り付けます。

エグジット時のドル円の15分足チャート(2020年3月31日)

16時37分:108.42円でエグジット(獲得pips:12pips、保有時間:15分)

10pips以上の含み益になったので、良きところでエグジットしました。その後に108.50円まで上昇してきたので、エグジットして正解でしたね。ただ、その後20pips以上下落しましたが(笑)。

これからは、エグジット後にエントリーした付近までレートが戻って来たら、勢いなどを確認して同じようにエントリーしてみるようにしようと思います。

後で確認したら、少なくともあと2回は同じポイント付近でショートして勝つことが出来ていましたし。

1回トレードしたらそれで終わりということではなく、2回目、3回目のトレードを狙っていきたいと思います。

トレードの収支報告と感想(2020年3月31日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の白枠内の金額が本日の損益です。

本日のFXの損益(2020年3月31日)

本日の損益:+178円(+12pips)

口座残高:301,284円

今日は、一切のストレスなくトレードを終えることができたので、気分が良いですね。

いつも事前にしっかりと準備してからトレードをするように心掛けたいと思います。

最後に、取引する通貨量は1,500通貨(最大15,000通貨)にしてトレードすることにしました。この通貨量で4月をプラスで乗り切ったら、5月からは2,000通貨(最大20,000通貨)でトレードしてみようと思います。

それではまた。

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com

www.gyakubari-fx.com