逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

時間に余裕が無い中でポンド円をショートして損切りを喰らう

2020年5月26日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年5月26日14時30分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年5月26日)

今週の環境認識とトレードプランを話した動画をYouTubeに投稿しているので、大雑把な環境認識等に関してはそちらをご覧ください。

それでは、2020年5月26日の欧州時間以降の気になる経済指標を確認してから、通貨ペア別(トレードした通貨ペアのみ記載)に環境認識をしてトレードプランを立てていきますね。

  • 23時00分:消費者信頼感指数(アメリカ)
  • 23時00分:新築住宅販売件数(アメリカ)

気になる経済指標はこれくらいですかね。私のトレード時間に経済指標の発表はないので気にしないでいようと思います。

ポンド円は円安傾向が続いている

ポンド円の15分足チャートを確認すると、日経平均株価が上昇したこともあってか円安傾向が続いていますね。

ただし、132.50円を超えて勢いよく上昇しない限りは、アップトレンドに転換したとは考えていないので、そこまでは「引きつけてショート」で勝負したいと思います。

15分足チャートでは完全に上昇トレンドなので、移動平均乖離率が0.35~0.5%まで拡大してからRCIや時間等も確認して、その後にエントリーしたいと考えています。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年5月26日)

今日は、時間に余裕が無く、焦ってテクニカルを無視してエントリーしてしまい、負けてしまいました。猛省しないといけません。何度同じ過ちを繰り返すのかと自分に失望しています。

今日は、そんなポンド円のショートを振り返ってみようと思います。

ポンド円を15時からショートしてしまう

まずは、エントリー時のポンド円の15分足チャートを表示させます。

エントリー時のポンド円の15分足チャート(2020年5月26日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

15時01分:131.79円でショートのエントリー(1,900通貨)

今日は16時までにトレードを終えないといけなかったので早くエントリーしたい気持ちが強く、15分足のRCIだけを見て適当にショートしてしまいました。

日足のRCIは上向きなので、本来の私ならロングするか静観するはずなのですが、日足を確認せず15分足だけをみてショートしてしまいました。

まぁ、15分足チャートだけを見てトレードをしたとしても、完全に上昇トレンドなのでロングでエントリーしないといけないんですけどね(笑)。

今週は、ポンド円をショートで攻めたいという気持ちがあったので、ショートしか考えていませんでしたね。本当にダメです。素人です。

次に、ナンピン時のポンド円の15分足チャートを表示させます。

ナンピン時のポンド円の15分足チャート(2020年5月26日)

15時04分:131.89円でナンピン(合計3,800通貨)

あっという間に含み損が10pipsになってしまったので、機械的にナンピンしました。

このあたりで、日足・4時間足・1時間足を確認して不味い事になったと感じていましたね。132.50円まで上昇するような気しかしなくなっていました。

何の根拠もなくエントリーしたうえに、他の時間軸を見ても上昇しそうな感じだったので、かなり弱気になってしまい、とてもナンピンを続ける気にはなれませんでした。

この時点での平均建値は、131.84円(3,800通貨保有)です。

最後に、エグジット時のポンド円の15分足チャートを表示させます。

エグジット時のポンド円の15分足チャート(2020年5月26日)

15時30分:132.08円ですべてエグジット(獲得pips:-24pips、保有時間:29分)

1回ナンピンした後は、そのまま上昇するのをただ眺めているだけで、132円を超えても戻ってきそうな感じがしなかったので、損切りすることにしました。

今日は本当にダメなトレードでしたね。下手くそなくせに適当にトレードしているんだから負けるに決まってます。

あと、やはり日足や4時間足のRCIに逆らって逆張りトレードするのはやめた方がいいですね。当ブログでも、「大きな流れには逆らわず、小さな流れに逆らう」と言っているわけですから、ショートすべきではなかったです。

分かっていたはずなんですけど、時間が無い焦りから運任せのトレードをしてしまいました。これからは、時間に余裕がない時はノートレードとします。

最後に、今日のトレードでひとつだけ良かったところがあったので、それを書いて振り返りを終わりたいと思います。

ひとつだけ良かったところとは、「損切りをしっかりとした」というところです。これができなくてズルズルと保有していたら2~3倍は負けていたと思うので、そこだけは良かったです。

デイトレードの収支結果報告(2020年5月26日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の白枠内の金額が本日の損益です。

本日のFXの損益(2020年5月26日)

本日の損益:-936円(-24pips)

口座残高:302,405円

一度の負けで、今月分の勝ちをすべて吐き出してしまいました。逆張りナンピンで負けたうえに、ロットも毎週大きくなっているので仕方ありません。どうせ負けるならロットが小さい月初めに負けたかったです(笑)。

今回のトレードについては、しっかりと反省して明日からのトレードに繋げたいと思います。これで5月連続プラスは厳しくなりましたね。まぁ、自業自得ということで。

それではまた。

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com