逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

高値圏のユーロ円を水平線付近でロングするもビビって決済した後、再度ロングする醜態

2020年7月20日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年7月20日14時45分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年7月20日)

今週の環境認識とトレードプランを話した動画をYouTubeに投稿しているので、大雑把な環境認識等に関してはそちらをご覧ください。

それでは、2020年7月20日の欧州時間以降の気になる経済指標を確認してから、通貨ペア別(トレードした通貨ペアのみ記載)に環境認識をしてトレードプランを立てていきますね。

今日の気になる経済指標を探してみたら、特になかったので、環境認識に移りたいと思います。

ユーロ円は高値圏だがロングしたい

ユーロ円は、ユーロドルとともに力強く上昇しているので、下がったところをロングして数pipsずつでも拾っていきたいです。

ただし、かなり高値圏で推移していることは間違いなく、いつ反落するか分からないので、あまり強気にならずにすぐに利確するようにしたいです。ユーロの勢いが止まったらすぐに利確して様子見ですね。

急激に下落したとしても、上への圧力が強いのにかわりはないので、ショートでエントリーするようなことはしないようにするつもりです。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年7月20日)

今日は、先週から勢いのあるユーロ円をトレードしたのですが、ちょっとカッコ悪いトレードになってしまいました。

今日は、そんなユーロ円をスキャルピングしたトレードを振り返ってみたいと思います。

水平線付近でユーロ円をロング

まずは、エントリー時のユーロ円の15分足チャートを表示させます。

エントリー時のユーロ円の15分足チャート(2020年7月20日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

14時52分:122.81円でロングのエントリー(2,800通貨)

ユーロ円は高値圏で推移していましたが、もうしばらくは勢いが続くと思っていたので、水平線まで落ちてきたのを確認してからロングでエントリーしました。

この水平線が強い支持になるとは考えていませんでしたが、少しくらいは反発するだろうと思ってのエントリーです。短期決戦ですね。

エントリー時のRCIはすでに+95%で乖離率は+0.15%くらいだったと思います。RCIが落ちてくるまでは損切りしないつもりでした。移動平均乖離率はこのトレード手法では使わないので無視しています。

次に、エグジット時から数分経過したユーロ円の15分足チャートを表示させます。

エグジット時のユーロ円の15分足チャート(2020年7月20日)

15時02分:122.84円でエグジット(獲得pips:+3pips 保有時間:10分)

15時直前、122.87円まで上昇したので利確しようか迷っているうちに、レートが落ちて来てしまったのでビビって決済しました。利益のあるうちに終わりたいという気持ちに勝てなかったですね。

結果的には、その後10pips以上も上昇したので、もったいないことをしました。我慢して保有していれば、15pips程獲得できて気分よく終われていたことになります。

再度ユーロ円をロングする醜態

まずは、再度ロングして決済した後のユーロ円の15分足チャートを表示させます。

再度エントリーしてエグジットしたユーロ円の15分足チャート(2020年7月20日)

15時03分:122.91円でロングのエントリー(2,800通貨×2)

一度目のトレードが中途半端なトレードだったので、モヤモヤしていたら、決済した後のユーロ円が力強く上昇して高値を更新したので、普段はあまりやらないブレイクアウト手法でロングでエントリーしてしまいました。しかも、2発分。

勢いがあったので、別にブレイクアウト手法でエントリーしても構わないのですが、高値圏で水平線付近ということもあり、エントリーしてから少し後悔しました。反落しそうで怖くなったんですね(笑)。

エントリー時のRCIは+96%で、移動平均乖離率はすでに+0.2%に達していました。この時間帯のボラティリティは低いので、ユーロ円で0.2%乖離しているのを考えると、いつ反転してもおかしくない状態でした。

15時04分:122.95円ですべて決済(獲得pips:+4pips 保有時間:2分)

上昇の勢いも止まり、いつ反落してもおかしくない状況になっていると感じたので、すぐに決済しました。

保有時間はかなり短くなってしまいましたが、短期のブレイクアウト手法でエントリーしたので、これくらいの保有時間でも良いかと思っています。

それにしても、この再度エントリーしてしまったのは駄目ですね。勝ちはしましたが、一歩間違えば損切りを喰らっていましたね。

現に、私がエグジットした30後くらいから反転下落していますから。まぁ、このトレードで30分以上保有することは絶対にないので、この後に保有していたとしても、トントンくらいで終わっているとは思いますが。

スキャルピングの収支結果報告(2020年7月20日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の白枠内の金額が本日の損益です。

本日のスキャルピングの収支結果(2020年7月20日)

本日の損益:+270円(+7pips)

口座残高:309,820円

今日は、一度トレードを終えたユーロ円を後悔から再度エントリーする醜態をさらしてしまいました。今後はこういったことがないように気をつけたいと思います。

そもそも、一度目のトレードでビビって決済してしまったのがダサいですよね。はぁ。

それではまた。

こちらは、1週間の為替相場を振り返った検証記事です。

www.gyakubari-fx.com

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com