逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ドル円以外の相場観は正しかったが、お盆であまりトレードせずに終わる〔先週の為替相場振り返り〕

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。先週はポジションを持ち越してしまったので反省しています。そのことについても後半で言及しています。

それではいつものように、時間に余裕のある週末を利用して1週間(2020年8月10~14日)の為替相場を振り返る記事を書いてみたいと思います。

為替相場を振り返ることで、自分の相場観(環境認識)が正しかったのか検証するのも大事だと思うので、できる限り続けていくつもりです。

為替相場を振り返ったついでに、おまけとして週間損益(金額、pips)も書いておきます。

先週の為替相場を振り返る(2020年8月10~14日)

それでは、普段からトレードをしている通貨ペアを中心に振り返っていきたいと思います。

先週の全体的な環境認識(相場観)は、ドル円以外は正しかったのではないかと考えています。

先週の環境認識と大雑把なトレードプランを話した動画をYouTubeに投稿しているので、先週の詳細な環境認識等を知りたい方はそちらをご覧ください。

ユーロドルの相場を振り返る

まずは、ユーロドルの日足チャートを貼り付けます。

ユーロドルの日足チャート(2020年8月15日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

ユーロドルについては、RCIは下向きに転換したので基本的にはショート目線だが、移動平均線から見てもトレンドは上向きなので、あまりショートはしたくない。そして、ロングも高値圏なのでしたくない。できるのは超弱気のショートで、20MA(黄色の移動平均線)を目標とするというトレード方針を立てました。

結果は、20MAまで下落した後に、しっかりと反転上昇しているので、私の相場観(環境認識)は正しかったと考えています。欲を言えば、反発した後にロングでエントリーする方針を立てたら良かったのですが、高値圏で怖くてできなかったですね。

今後のユーロドルは、1.17~1.19ドルのレンジをどちらにブレイクするかに注目しています。

ドル円の相場を振り返る

まずは、ドル円の日足チャートを貼り付けます。

ドル円の日足チャート(2020年8月15日)

ドル円については、RCIが上向きなので基本はロングだが、あまりロングはしたくないので見送り。ショートは106円の水平線の下でレートが推移してRCIが下向きに転換したらエントリーというトレード方針を立てました。

結果は、106円の水平線では止まらずに107円まで上昇したので、私の相場観(環境認識)は間違っていたと考えています。ただし、RCIが下向きにならない限りショートはしないという方針だったので、ノーエントリーで終わり、損失を被ることはありませんでした。

今後のドル円は、107円の水平線を上に突破するかに注目しています。

ポンド円の相場を振り返る

まずは、ポンド円の日足チャートを貼り付けます。

ポンド円の日足チャート(2020年8月15日)

ポンド円については、RCIが下向きに転換したので基本的にはショートだが、全体的には上昇トレンドなので、ショートはあまりしたくない。ショートをする場合は、先週の安値を下抜けしてRCIが下向きになったときだけ20MA(黄色の移動平均線)を目標にトレードする。ロングは、139円付近の水平線より上で推移しているときにするというトレード方針を立てました。

結果は、139円付近の水平線を越えて上昇して終わっているので、私の相場観(環境認識)は正しかったと考えています。

今後のポンド円は、139円付近の水平線が支持となるのかに注目しています。

ユーロ円の相場を振り返る

まずは、ユーロ円の日足チャートを貼り付けます。

ユーロ円の日足チャート(2020年8月15日)

ユーロ円については、RCIは上向きなので基本ロングだが、高値圏なのでロングはあまりしたくない。124円のミドル付近に引いた水平線よりも上で推移してRCIも上向きならロングして、水平線よりも下で推移してRCIが下向きなら20MA(黄色の移動平均線)を目標に弱気のショートというトレード方針を立てました。

結果は、124円のミドル付近の水平線が支持となって上昇していったので、私の相場観(環境認識)は正しかったと考えています。ただし、20MAまで下落せずに反転上昇しているので、私が考えていたよりもユーロが強かったということはありますが。

今後のユーロ円は、高値を更新するのかと、移動平均線の傾きに注目しています。

スキャル・デイトレの週間損益と獲得pips

最後におまけとして、週間のトレード成績を公開しておきますね。

2020年8月10日から8月14日までのトレード成績(スキャルピング・デイトレード)は、11戦8勝3敗0分となりました。週間の利益は1,813円で獲得pipsは16pips、口座残高は315,925円です。

ブログやYouTubeでも報告しましたが、今回の成績は確定したものだけの成績で、ポジションを持ち越してしまった分の損益は含まれていません。

デイトレーダーとしてポジションを持ち越すのは恥ずかしいことだと考えている(たとえ、それが含み益だとしても)ので、反省も込めて報告しておこうと思います。

それと、損切りできなくてポジションを持ち越したわけでなく、あまりにも良いタイミングでエントリーできたので、利確するのがもったいなくなっての持ち越しです。

持ち越したポジションは月曜日にしっかりと決済しておきました。スイングトレードにはなりましたが、逆張りナンピン手法でエントリーしたものなので、成績には反映させようと思います。

あとがき

今日は、先週の為替相場を振り返ったあとに、スキャルピング・デイトレードの週間損益を報告してみました。

ワンショット10,000通貨にしても、あまりトレードに変化は見られないので、元のロットに戻そうか迷っています。もう少し、試してみますね。

それではまた。

こちらは、過去の為替相場振り返り記事です。

www.gyakubari-fx.com