逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

握力が弱すぎてユーロ円とポンド円の大幅高を両方とも獲り損なう

2020年8月25日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年8月25日15時00分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年8月25日)

今週の環境認識とトレードプランを話した動画をYouTubeに投稿しているので、大雑把な環境認識等に関してはそちらをご覧ください。

それでは、2020年8月25日の欧州時間以降の気になる経済指標を確認してから、通貨ペア別(トレードした通貨ペアのみ記載)に環境認識をしてトレードプランを立てていきますね。

気になる経済指標は、23時発表の新築住宅販売件数 (アメリカ)ぐらいですね。私のトレード時間とはかぶらないので、トレード中は気にしないようにします。

ユーロ円は上昇基調

先週は弱かったユーロ円ですが、今週は反転上昇する場面も見られています。ただし、日足のRCIは下向きで4時間足のRCIは上向きなので、トレードはやりにくくなるのではないかと感じています。

ドル円も上昇しており、今日はクロス円が上昇しやすい環境が整っているので、基本的にはロングですが、日足のRCIが下向きなので、そこまで強気という感じでトレードはしないつもりです。

前日の高値を越えたらユーロ円を強気でロングしても良いかも知れませんが、ダマシに合わないように気をつけたいと思っています。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年8月25日)

今日は、とても悔しいトレードとなってしまいました。トレードは録画して、ユーチューブのトレード専用チャンネルにアップロードしているので、FXトレードノートを書く必要はあまりないのですが、かなり悔しいトレードですし、後学のためにもブログに書いて振り返ることにしました。

今日は、そんなユーロ円の悔しすぎるトレードを振り返ってみたいと思います。

ユーロ円をとりあえずロング

まずは、エントリー・エグジット時のユーロ円の15分足チャートを表示させます。

エントリー・エグジット時のユーロ円の15分足チャート(2020年8月25日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

15時40分:125.19円でロングのエントリー(10,000通貨)

全体的に、クロス円は上昇基調だったので、ユーロとポンドを比較して強い方のユーロ円を選択してエントリー。

ドル円が上昇していたので、ユーロドルが下がってもユーロ円の下げはきつくなく、ユーロドルが上がったときには、下げ以上に上昇するというイメージでのエントリーでした。

15時49分:125.19円でエグジット(獲得pips:±0pips 保有時間:9分)

ただ、そんな自分の読みを信じ切ることができなくて、トントンで決済して逃げてしまいました。16時前に終わりたかったということもありましたが。

決済してから、1時間くらいでユーロ円は50pips以上も上昇したので悔しい限りです。悔しすぎて、途中でユーロ円をもう一度ロングしたのですが、それも我慢できなくて+6pipsくらいで逃げてしまいました(恥ずかしい)。

ドル円とユーロ円の方向が同じで、ユーロドルも上昇している日は、ユーロ円を大きく獲れる日が多いと感じているので、今日のチャンスを逃してしまったのは悔しいですねぇ。

スキャルピングの収支結果報告(2020年8月25日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。右上の金額が本日の損益で、一番上の金額が口座残高です。

スキャルピングの収支結果(2020年8月25日)

本日の損益:+790円(+7pips)

口座残高:319,692円

下手くそすぎるので、恥ずかしいですが、YouTubeにトレード動画を公開しているので、興味のある方は視聴してみてくださいね。

ちなみに、同日にトレードしたポンド円も利確後に100pips以上上昇しました(笑)。ホント駄目だわ。

真面目な話、握力の弱さを何とかしないと一度の負けで、それまで稼いだ大半を失ってしまうので、どうにかしないといけないと考えています。

それではまた。

こちらは、1週間の為替相場を振り返った検証記事です。

www.gyakubari-fx.com

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com