逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

追っかけエントリーしないつもりが反射的にボタンを押してしまった結果

2020年9月4日のFX(主にスキャルピング気味のデイトレード)のトレードノートを備忘録としてブログに書いていこうと思います。ついでに、トレードの収支結果の報告もしています。

環境認識とトレードプランは2020年9月4日14時30分に書いています。

環境認識とトレードプラン(2020年9月4日)

今週の環境認識とトレードプランを話した動画をYouTubeに投稿しているので、大雑把な環境認識等に関してはそちらをご覧ください。

それでは、2020年9月4日の欧州時間以降の気になる経済指標を確認してから、通貨ペア別(トレードした通貨ペアのみ記載)に環境認識をしてトレードプランを立てていきますね。

今日の経済指標で気になるのは、何と言ってもアメリカの雇用統計ですね。雇用統計前は負けることが多いので、あまり積極的にトレードしないようにします。

ユーロドルの環境認識とトレードプラン

ユーロドルは、今週に高値を更新した後は、反落しているので、このままショート目線でトレードしてもいいかも知れませんが、かなり下がってきているし、前日のローソク足が下ヒゲで終わっているので、もみ合うことも想定してトレードをしたいです。

もみあったら、逆張りで上がったら売り、下がったら買うというトレードをしたいです。

FXのトレードノートを時系列で書く(2020年9月4日)

今回は、追っかけエントリーをしないと決めたのに反射的にエントリーボタンを押してしまったので、かなり反省したトレードとなりました。もちろん、勝つこともできませんでした。

正直、今回の追っかけエントリーは事故のようなものだと考えていますが、クセが直っていないから反射的にエントリーしてしまうので、今後は細心の注意を払ってトレードしたいと思っています。

今回は、そんなユーロドルのトレードを振り返ってみたいと思います。

ユーロドルを追っかけロング

まずは、エントリー・ナンピン・エグジット時のユーロドルの5分足チャートを表示させます。

ユーロドルの5分足チャート(2020年9月4日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

16時32分:1.1851ドルでロングのエントリー(10,000通貨)

前の足の高値を更新しそうなので、更新したらエントリーしようとしていたら、更新した途端に一気に上昇したので、それにつられてエントリーしてしまいました。

「1pipsくらい更新してからエントリーして、5pipsくらいで利確する」つもりだったのが、「5pips上昇した後にエントリーして逆行される」というトレードになってしまい最悪のトレードでしたね。

16時38分:1.1844ドルでナンピン(10,000通貨追加)

思いっきり逆行されたので、ナンピンして逃げようとしますが、さらに損失を拡大させるだけのナンピンになってしまいましたね。

もうこの時点では「負けるだろうなぁ」と思いながらトレードしています(笑)。

16時41分:1.1838ドルでエグジット(獲得pips:-10pips 保有時間:9分間)

ナンピンした後も、下げ止まらなかったので諦めて損切りしました。案の定、その後に反転上昇しました(笑)。

焦って追っかけてエントリーさえしなかったら、勝てていたので本当に情けないですね。あと、いつもの癖が抜けずに無意識に反射的にエントリーしてしまったので、これも何とかしたいです。

本当に成長していないと感じた最悪のトレードでした。

スキャルピングの収支結果報告(2020年9月4日)

本日のFXの成績(収支)を公開しておきますね。左下の金額が本日の損益です。

スキャルピングの収支結果(2020年9月4日)

本日の損益:-1,741円(-6pips)

口座残高:317,533円

1,741円も負けているのに、pipsでは6pipsしか負けていないのは、ナンピンして負けているからです。これも何とかしないといけません。

今後は、ブレイクアウト手法の場合はナンピンを禁止にして、逆張り手法の場合だけナンピンをOKとしたいと思います。

ブレイクアウトで逆行されたということは、そもそも自分の読みが外れていた訳ですから、粘るのはやめて潔く損切りする方が良いですよね。

それではまた。

こちらは、1週間の為替相場を振り返った検証記事です。

www.gyakubari-fx.com

こちらは、過去のFXトレードノートです。興味のある方はどうぞ。

www.gyakubari-fx.com