逆張りFXブログ

逆張りやナンピンを多用したスキャルピング・デイトレードを検証

ドル円の相場観は正しかったが、他の通貨ペアはイマイチ〔先週の為替相場振り返り〕

どうも。初老の兼業FXトレーダーです。

それではいつものように、時間に余裕のある週末を利用して1週間(2020年10月5~9日)の為替相場を振り返る記事を書いてみたいと思います。

為替相場を振り返ることで、自分の相場観(環境認識)が正しかったのか検証するのも大事だと思うので、できる限り続けていくつもりです。

為替相場を振り返ったついでに、おまけとして週間損益(金額、pips)も書いておきます。

先週の為替相場を振り返る(2020年10月5~9日)

それでは、普段からトレードをしている通貨ペアを中心に振り返っていきたいと思います。

先週の全体的な環境認識(相場観)は、ドル円以外はあまり正しくなかったのではないかと考えています。

先週の環境認識と大雑把なトレードプランを話した動画をYouTubeに投稿しているので、先週の詳細な環境認識等を知りたい方はそちらをご覧ください。

ユーロドルの相場を振り返る

まずは、ユーロドルの日足チャートを貼り付けます。

ユーロドルの日足チャート(2020年10月10日)

(画像元:マネーパートナーズ 以下同じ)

ユーロドルについては、日足のRCIは上向きになっているので基本はロングだが、素直にロングはしたくないし、ショートもしたくない感じで、今週はあまりトレードはしないというトレード方針でした。

ユーロドルが1.1775ドルの水平線より上でRCIも上向きのときだけ弱気のロング、1.17ドルの水平線より下で推移してRCIが下向きのときにショートというトレード方針で、積極的にはトレードしないということにしました。

結果は、1.1775ドルを越えてゆっくりとですが上昇していったので、どちらかというと下目線だった私の相場観(環境認識)は、正しくなかったと考えています。

今後のユーロドルは、日足ベースの前回の高値付近で反落するか、それとも突破するのかに注目しています。

ドル円の相場を振り返る

まずは、ドル円の日足チャートを貼り付けます。

ドル円の日足チャート(2020年10月10日)

ドル円については、日足のRCIが下向きなので基本はショートだが、金曜日のローソク足が下ヒゲになっているのが気になり、素直にショートという感じはしないので、あまりトレードしないという方針でした。

ドル円が先週の高値を越えたときだけ目標は106円までのロングをし、金曜日の下ヒゲを下抜けしたときだけショートというトレード方針を立てました。

結果は、ドル円は106円まで上昇した後に反落しているので、「ロングしても106円まで」という私の相場観(環境認識)は正しかったと考えています。

今後のドル円は、このまま下落して安値を更新するかに注目しています。

ユーロ円の相場を振り返る

まずは、ユーロ円の日足チャートを貼り付けます。

ユーロ円の日足チャート(2020年10月10日)

ユーロ円については、日足のRCIは上向きなので基本はロングだが、20MAなどがあるのであまりロングしたくない感じで、先週の高値を越えたときだけ弱気のロングをして、月曜日の安値を下抜けしたときに強気のショートというトレード方針を立てました。

結果は、ユーロドルと同じようにゆっくりではありますが上昇していったので、どちらかというと下目線だった私の相場観(環境認識)は正しくなかったと考えています。

今後のユーロ円は、日足ベースでの前回の高値を越えるか、それとも、反落するかに注目しています。

ポンド円の相場を振り返る

まずは、ポンド円の日足チャートを貼り付けます。

ポンド円の日足チャート(2020年10月10日)

ポンド円については、日足のRCIは上向きなので基本はロング目線だが、すぐにロングというわけではなく、木曜日の高値を越えてからロング、135円のミドルに引いた水平線より下で推移して日足・4時間足のRCIが下向きのときにショートというトレード方針を立てました。

結果は、木曜日の高値を越えた後に上下してから、結局は上昇して終わっているので、「木曜日の高値を越えてからロング」という私の相場観(環境認識)は、ある程度は正しかったと考えています。

今後のポンド円は、週の前半に勢いよく上昇するかに注目しています。ここで勢いよくドカンと上昇すれば、140円くらいまでは上昇しそうだなと考えています。もちろん、ドル円が暴落すると、そうもいかなくなるとは思いますが。

スキャル・デイトレの週間損益と獲得pips

最後におまけとして、週間のトレード成績を公開しておきますね。

2020年10月5日から10月9日までのトレード成績(スキャルピング・デイトレード)は、34戦14勝7敗13分となりました。週間の利益は2,817円で獲得pipsは24pips、口座残高は325,585円です。

先週は特に引き分けの多いトレードとなってしまいました。これは、ナンピンした後に平均建値まで戻ってきたので決済するトレードが多かったためです。もちろん、決済した後に20pipsくらい利が伸びてます(笑)。

しっかりと自分を信じることができれば、10,000通貨でも1週間で2万円くらいは稼ぐことができているはずなのですが、過去の負けた経験から、なかなか自分を信じることができなくて苦しんでいます。

この問題というか、悩みは時間が解決してくれると信じて、今は淡々と取引を繰り返していくしかないですね。

あとがき

今日は、先週の為替相場を振り返ったあとに、スキャルピング・デイトレードの週間損益を報告してみました。

仕事が忙しく、なかなかブログを書く暇がないので、更新ができないこともあるかも知れませんが、為替相場の振り返り記事だけは書き続けようと思っています。

それではまた。

こちらは、過去の為替相場振り返り記事です。

www.gyakubari-fx.com